【ネタバレ】進撃の巨人 117話 断罪

117話で盛り上がりは最高潮に!

マーレの奇襲作戦が本格的に開始。

マガト隊長が最高指揮官、元帥として登場。

始祖を喰らい100年の遺恨に終止符を打つと宣言し、

マガト元帥の気合の覚悟。

進撃エレンと鎧ライナーのガチ対決。

凄まじいライナーの気合い。鎧超強し。

車力に乗るマガト元帥の砲撃技術高く、エレンにダメージ。

エレンにあえて戦鎚の力を使わせ、消耗させる戦法。

鎧、顎、車力のチームプレイでエレンを追い詰める。

ガビの証言により、とうとうジークの王家の血筋がバレる。

弟エレンがピンチで獣ジーク兄が登場。

兄弟の再会により、始祖発動の条件が整う。

形勢逆転になりそうな雰囲気。

一方、重症リヴァイの状況が気になるところ。

118話の予想

獣の巨人の遠投攻撃により、偶然にも牢屋が破壊され、

ミカサやアルミンが脱出。

兄弟接触により、とうとう「地ならし」発動!

「地ならし」に対抗するためにアルミン超大型巨人化。

カオス状態で顎がアニを救出。

イェーガー派vsマーレvsパラディ、

いよいよ三つ巴戦で最終局面に。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です