袋小路

昨日も東京リバブルで打ち合わせ

各金融機関への問い合わせ結果、

融資可能な金融機関は

共同信用金庫と三井住友に限られるようだ。

これら金融機関の場合、利率は2%後半。

理由は築年数と専有面積だ。

そして基本23区内であること。

1,000万以下の物件は築年数が古く

専有面積が15m2前後で狭い。

では1,500万円前後の物件の場合、

どうなのか?

確かに築年数が浅く、

専有面積も20m2以上の物件はあるが、

表面利回り5%代が多く、CF赤字だ。

更に僕の属性だと融資限界値は6000万らしい。

自宅ローンが約3300万あるので、

そうなると1500万物件を2件買って終了。

そしてCF赤字。あり得ない。

袋小路になってきた。

利息が2%後半だとしても

販売価格の安い物件を狙う。

ただ低価格で融資審査が通るかわからない。

あるいは比較的築年数や専有面積が広い

大宮、浦和、柏、船橋を狙う。

ただ23区外で融資審査が通るか分からない。

この2点を担当者に確認してもらう手筈に。

そして日本政策金融公庫に対しても

週明けに書類の記載方法を確認してもらう。

困った。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です