きらぼし銀行、日本政策金融公庫に訪問

本日、有給休暇を取得し、

きらぼし銀行と日本政策金融公庫に訪問。

まずはきらぼし銀行五反田支店に訪問。

融資要件として

旧耐震NG。

狭小マンション10m2以下NG。

15m2以下を切ると難しくなるらしい。

駅から徒歩10分圏内。

僕の場合、京浜東北線横浜エリアまでOK。

3割は自己資金。

年収+賃料収入に一定掛値の設定金額が

僕の「返済可能額」となる。

この掛値というのはきらぼし銀行独自の設計だ。

その根拠は教えてくれなかった。

この「返済可能金額」から購入物件返済額+自宅物件返済額の合計額をひく。

「返済可能額」をオーバーしなければ融資可能というロジックだ。

ただ金利は2%前後だ。

1件目に関しては融資してもらえるかもしれない。

しかし2件目はハードルが高くなるようだ。

負債が残っていると貸し渋りするからだ。

僕の属性は通用しないようだ。

担当者によると区分所有より一棟物件の方がハードルが低くなるらしい。

理由は返済リスクが一棟物件の方が低いからだ。

区分所有は入居者が付かなければ、賃料収入ゼロ。

一棟物件は一室入居者が付かなかったとしても

他室が埋まっていれば賃料収入はある。

そういう考え方があるのか。

何れにしても、やはり融資が重要な肝であり、

ここを突破しないと不動産の拡大は難しい。

きらぼし銀行は複数物件の融資は難しそうだ。

次に日本政策銀行五反田支店に訪問。

https://www.jfc.go.jp

融資要件は他の金融機関と差ほど変わらない。

金利は審査してみないとわからないが、

創業計画書上は仮に2%で計算するように助言。

創業の動機や略歴書等はあまり気にしてなさそう。

必要資金と調達方法、事業の見通し

ここの記載がポイントのようだ。

記載方法を教えてもらった。

そしてクリティカルな融資方法も教わった。

融資審査に1ヶ月半かかるためだ。

①無担保設定方式

購入金額の一部を無担保で設定し一部融資、

残りを自己資金で充当。

その後、担保設定し自己資金分を融資。

②自己所有物件担保方式

自己所有物件に担保設定し、融資。

悩む。。。

都心中古区分所有を20戸もつ!

と宣言したものの、現実は厳しそうだ。

多くの金融機関が借入金完済しないと、

次の物件が購入できない縛りがあるとしたら、

不動産経営の拡大が進まない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

見舞い