川崎大師参詣 厄除け祈願!

今日は1月5日(日)、快晴。

昨年は彼女と一緒に参詣したが、

すでに彼女はフィリピンに戻ってしまい

一人ぼっちで参詣。

参詣のタイミングをずらしたので

比較的空いていた。

すぐに境内に入ることができ、

早速、昨年のお世話になったお護摩を

納札殿に納めた。

昨年は「開運満足」だったのだろうか。

ちと不満である。

さてお護摩受付所で

今年のお護摩の申し込みをした。

昨年の祈願料は5000円だったが、

今年は7000円にグレードアップ。

理由は昨年がイマイチな年だったから。

5000円と比べ大きさも違う。

効き目に期待。

参考までにお護摩の種類。

申し込みを済ませ

大本堂へ入り、お護摩祈願にご参拝。

20分程でお護摩の修行を終えた。

昨年は記憶力低下に悩まされた。

思い当たる節がある。

バチが当たったかもしれない。

同じ思いをさせられているのかも。

今年はきちんと線香をあげる。

参拝時にそのことを約束。

参拝後、お護摩を授与された。

今年は「災厄消除」にした。

参考までにお護摩の功徳を掲載

お護摩のご修行は、奥深い内容を秘めた哲学的な意義と、真言宗という、正しい密教の教理に裏付けられた荘厳な宗教儀式です。 
お護摩とは、梵語でホーマ(homa)といい、〈焚く〉〈焼く〉などの意味をもつことばで、仏の智慧の火を以て煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表します。 

お護摩は、御本尊のご宝前に設けられた護摩壇の周囲に香華をはじめ五穀、お供物をそなえ、斎戒沐浴して心身を浄めた導師が、中央の炉の中に護摩木を焚いて、御本尊厄除弘法大師さまのご供養をすることにはじまる、きわめて厳粛な秘法です。 合掌して、お大師さまのご宝号「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」をお唱えください。 
このお護摩によって、皆様の煩悩を焼き浄め、大厄を消除し、すすんで家内安全、商売繁昌、病気平癒、心願成就など、開運の祈願をなされますことをおすすめいたします。

お護摩を購入するともらえるお茶。

中古ハイエースに乗り換えるので

念のために「交通安全」も。

帰宅後、3時のおやつに

ローソンのデザートを食べた。

クリーム味とイチゴの甘酸っぱさが

上手く絡み甘すぎず美味しかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です