ア・ホーマンス

狩撫麻礼原作、たなか亜希夫作画による日本の漫画。

松田優作の初監督作品として1986年に公開。

ア・ホーマンスとは、

阿呆とパフォーマンスをかけた言葉

ヤクザ抗争に巻き込まれる記憶喪失の謎の男を描いたハードボイルド作品。

ずっと見てみたい映画の一つだった。

だが感想としては駄作である。面白くない。

静かなる狂気とバイオレンスという点では

松田優作らしい作品である。

無敵の謎の男である松田優作の正体は人造人間というオチ・・・

ターミネーターが1984年に公開されている。

かなり影響されていると感じた。

石橋凌演じる山崎は組の幹部であるが25歳の設定。

25歳にしては大人びているし、貫禄もある。

小林稔侍、石橋蓮司、手塚理美も若い。

時代を感じた映画だった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です