仁義なき戦い

昔から気になっていた映画だ。

日本人であれば誰もが聞いたことがあるタイトル。

作家の飯干晃一が1972年に発表した実録小説。

20年間に渡る抗争の第1作目。

終戦直後、闇市が蔓延する広島県呉市。

復員兵広能昌三が友人のため犯した殺人で服役。

出所後、山守組の一員になる。

敵対する土居組組長を暗殺して再び服役。

仮出所した広能を待ってたのは山守組の内部抗争。

とにかくキャストが豪華。

菅原文太演じる若き広能昌三。

金子信雄扮する組長の山守義雄。

梅宮辰夫が演じる土居組若衆頭の若杉寛。

松方弘樹が演じる山守組若頭・坂井鉄也。

田中邦衛扮する幹部の槙原政吉。

渡瀬恒彦が演じる有田俊雄。

組のために命を落とす坂井鉄也演じる

松方弘樹の壮絶な演技!

これが見所だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です