冷たい熱帯魚

有名な役者は少ないが、その演技力が凄まじい!

当分の間、トラウマのように脳裏に残る映画だ。

さえない熱帯魚店店主・社本を演じる吹越満。

外面は陽気な中年男性ながら、

実は連続殺人犯という異常者・村田役にでんでん。

村田の巧みな話術により連続殺人事件に

社本も巻き込まれ、手を染めてしまう話だ。

1993年に発生した「埼玉愛犬家連続殺人事件」

がベースとなっている物語らしい。

実在した本事件の犯人には哲学があったようだ。

  1. 世の中のためにならない奴を殺す
  2. すぐに足がつくため、保険金目的では殺さない
  3. 欲張りな奴を殺す
  4. 血は流さないことが重要
  5. 死体(ボディ)を透明にすることが一番大事

特に最後の「ボディを透明にする」が注目され、

本映画でも村田役でんでんの台詞としてある。

最後は社本役の吹越満が

自身の奥底に眠っていた狂気に目覚め、

憎き村田だけでなく、

大切な人まで殺めてしまう。

そして自らも自害する。

後味が悪い映画だが、脳裏に残る。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

怒り