怒り

渡辺謙、森山未來、妻夫木聡、松山ケンイチ、綾野剛

日本映画界を代表するオールスターキャストが結集。

リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件がベースらしい。

血文字「怒」を残し未解決となった殺人事件を巡り、

千葉、東京、沖縄の3つの舞台で描かれる群像劇。

犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、

彼は整形手術をして逃亡を続ける。

疑わしいとされるのは3人の男。

千葉県・房総の田代哲也(松山ケンイチ)、

沖縄の離島にいる田中信吾(森山未來)、

東京都内の大西直人(綾野剛)

それぞれが良い味を出している。

特に不思議な雰囲気と安らぎの雰囲気を持つ

綾野剛の演技には特に印象に残った。

豪華キャストで内容が薄い映画はよくあるが、

「怒り」は二度観ても良いと思うくらいオススメだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です