『血と骨』暴力による支配は反対!がよくわかる映画

作者の実父をモデルにした主人公金俊平が

蒲鉾製造業や高利貸しを営み、

その裏での実の家族に対する暴力、

そしてその後の愛人との交際による転落、

遂には「故郷」である北朝鮮での孤独な死、

戦時中~戦後を生きた在日朝鮮人の生涯を描く。

金俊平を演じた北野武の怪演は見所である。

こんな父親が実在していたんだ。。。

ヘドが出るほどクズな男だ。

お勧めできる作品ではないが、

なぜこのような男が誕生したのか

奥底に潜むものに考えさせられた。

強くないと生き残れない。

お人好しは損をする。

強いものが全てを制する。

その手段として暴力も肯定される。

そういった時代背景があるのかもしれない。

なのでそんな単純な話ではないのかもしれない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

怒り