『ボーダーライン』アメリカとメキシコの麻薬戦争の歴史は根深い

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。

FBI捜査官を演じるエミリー・ブラント。

正体不明のコロンビア人を演じるベニチオ・デル・トロ。

麻薬と汚職が蔓延する国境無法地帯での攻防を、

極限の臨場感で描いたサスペンスアクション。

メキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、

米国防総省特別部隊に抜擢されたFBI捜査官ケイトは、

謎のコロンビア人のアレハンドロとともに

麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。

常軌を逸した作戦内容や、

人の命が簡単に失われていく現場に直面し、

ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。

物語はファレス市にフォーカスが当たっている。

本作の公開に先立って、フアレス市の市長は

本作のボイコットを市民に呼び掛けたようだ。

映画における暴力事件の描写は過去の物である。

それが市長の言い分だ。

この描写がリアルということを知り衝撃だった。

そんな背景がある映画なので、

麻薬戦争という僕の知らない世界があることに驚く。

メキシコとはそこまで危険な国なのか。

現在アメリカ国内に流入する外国製麻薬の70 %が

メキシコの麻薬カルテルの支配下にあるようだ。

メキシコ-アメリカ間の国境を挟んだ密輸は、

19世紀から日常的に行われていた。

国境は障害というよりそれがあるからこそ人が集まり

経済や制度の違いを利用して利益を得るための「資源」だった。

1920年代のアメリカの禁酒法時代には、

アルコールが国境の川やフェンスを越えて運ばれた。

1930年代に禁酒法がなくなると、

こんどはヘロインやマリワナが運ばれるようになる。

1960年代、ベトナム戦争と北米ヒッピーの時代に

マリワナの需要が高まる。

1970年代、アメリカが豊かになりコカインが主流に。

1980年代までは国境を挟んだ親族や知人を通じた

家内産業的な小規模で比較的のどかなものだった。

しかし1990年代後半以降、密輸の規模が大きくなり、

手段も洗練されたものになるに従い、

暴力的な面がさらにエスカレートしてくる。

映画そのものはそこまで面白いものではなかった。

しかし麻薬戦争の歴史を知るきっかけになった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です