焦げ焦げのホットサンド!まずい!

5月9日(土)、10日(日)にソロキャンで九十九里へ

九十九里シーサイドオートキャンプ場だ。

料金体系は以下の通り。

今回は第一キャンプ場を予約した。

第一キャンプ場第二キャンプ場
一区画一泊サイト料(定員4名、車1台)電源付き2,000円1,500円
電源無し1,500円
一名一泊料金大人2,000円大人1,600円
子供800円子供500円
チェックイン13:00〜17:0013:00〜17:00
チェックアウト11:0011:00
入浴施設有り無し
500円500円

HPに当日キャンセルの場合、

キャンセル料100%と記載されているが、

携帯に届いた予約受付メールには

当日キャンセル料は頂かないと記載されていた。

これが受付だ。正面にはコロナ対策で消毒液がある。

受付入り口左手に精算機がある。

キャンプ場の正面にある海辺。

管理人の話によると

左手側でサーフィンができるようだ。

この辺りは野手浜がサーフポイントらしいが、

人が多い時にこちらに人が流れるらしい。

受付を終えて、場内に。

こちらがトイレ。きちんと清掃されている。

こちらが入浴施設。

結構、綺麗だった。

こちらがBBQ場。誰もいない。

こちらが電源付きサイト。誰もいない。

こちらが電源無しサイト。二組いた。

さて、いつもの猿田彦コーヒーで一息

薪を鋸で小分けに。

焚き火台と調理用コンロの2台を準備。

我が基地を設営。

ご飯と野菜の仕込み。

合間にハイボールとキムチ。

この時間がたまらない。

本日のお肉たち。

さてまず野菜たちから調理。

そして手羽元と一口ステーキを投入。

米はパサパサに。失敗。

水が足りなかった。

そしてメインディッシュのランプステーキ投入。

贅沢な一枚を平らげる。

さて晩ご飯後は行政書士のお勉強。

集中して勉強ができる。

お勉強後は映画「ボーダーライン」を鑑賞。

焚き火の炎が暖かい。

さて翌朝6時過ぎに起床。

焚き火台を洗ってから朝飯に。

今回の新兵器ホットサンドトースター登場。

これでトースト焼いてみたかった。

中にベーコンとチーズを投入。

失敗。焦げてしまった。

バターをトースターの内側に塗る必要があった。

なんかムカついたので、目玉焼きを作った。

まあまあの出来かな。

きちんとハウツーを見ておけばよかったな。

朝ご飯後、行政書士の勉強をしていたところに

管理人のおじさんが話しかけてきた。

最初は世間話だったが、

自分の身の上に不満があるのだろうか、、、

語り出して話が終わらない。

チェックアウトの11時が過ぎてしまった。

ただ管理人のおじさんは気にしていないようだった。

少々、料金は高いが海辺が近いので使えるキャンプ場だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です