『100円の恋』気迫があれば、画面を通してでも、その人の内面性が伝えられるんだと思った。      

これは安藤さくらのファンになる映画だ。

『100円の恋』

彼女のことはよく知らないが

映画を通じてストイックな彼女を垣間見えた。

時価100円の女子、一子(安藤サクラ)を演じる。

32歳ニートの一子は実家で引きこもり生活。

毎日、自堕落な日々を送っていた。

同じく実家に同居する妹と折り合いが悪くなり、

しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。

百円ショップで深夜労働にありつくが、

そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、

帰り道にあるボクシングジムで、

中年ボクサー・狩野(新井浩文)と出会う。

ある夜、狩野が百円ショップに客として来店。

2人は距離を縮めていく。

なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、

一子の中で何かが変わり始める。 

一方、狩野はボクサーの定年を前に最終試合に臨む。

惨敗を喫し自暴自棄になって家を出ていってしまう。

残された一子は、なぜか自らボクシングを始める。

痣だらけになりながらもそこに仄かな希望を見い出していく―。

女性としての魅力から程遠いたるんだ体から

ボクサーとしての引き締まった肉体への変化。

これが凄い。

そして女優が演じるボクシングではなく、

本気のボクシング。

最後は無残に試合に負けてしまうが、

ブスで女子力ゼロの一子から

可愛いらしくなっていく一子へ変化していく。

それがとても素敵に思えた。

それって外見だけでなく、内面の話。

映像を通してそれを伝えられる安藤さくらは凄い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です