『万引き家族』家族とはなんだろうか?自分の居場所を実感できる場所が家族なんだろうなと思う。

カンヌ映画祭パルムドールを受賞した『万引き家族』

血の繋がりではなく、お金、犯罪で繋がる家族。

だが強く印象付けられるのは、

血の繋がらない人たちの共同体の温かさと豊かさだ。

古い平屋の家主初枝(樹木希林)の年金を目当てに、

治(リリーフランキー)と信代(安藤さくら)夫婦、

息子の祥太(城桧吏)、

信代の妹の亜紀(松岡茉優)が暮らす。

彼らは初枝の年金で足りない生活費を万引きで稼ぐ。

社会の底辺にいるような一家だったが、

いつも笑いが絶えない日々を送っている。

ある事件をきっかけに家族はバラバラになっていき、

それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。

この物語は実際にあった親の死亡届を出さずに

不正年金を受給し続けていた家族の事件をもとに描く。

「家族」とはなんなのかを考えさせらた。

法的な繋がりの家族が幸せであるとは限らない。

自分の居場所を実感できるのが幸せ。

そして自分の居場所を実感できる場所が家族でありたい。

それは法的な繋がりである必要はない。

彼らが盗んだものは絆。

そして「教えられることが万引きしかない」

というリリーフランキーのセリフが心に痛む。

自分に教えられることは何があるだろうか。

自問自答してしまう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です