サスペリアPart2 今、観ても恐怖!!!

あるクリスマスの夜、レコードから子供の歌が流れるなか、殺人が行われた。子供の叫び声、地面に落ちた血の付いた包丁、その包丁に近づく子供の足。それから数十年後、ある欧州超心霊学会でテレパシーの持ち主であるヘルガ・ウルマンの講演が行われていた。彼女は聴衆の一人がポケットに鍵を持っていることや、名前を言い当てるなどして聴衆を驚かせた。しかし突然彼女は苦しみだし、悲鳴を上げ、「聴衆の中にかつて人を殺した邪悪な者がいるのを感じた。そしてその者は再び人を殺す」と発言する。彼女が叫ぶ中、聴衆の中の一人がその場を立ち去る。その晩ヘルガはアパートに戻り電話をしていたが、どこからともなく子供の歌が聞こえてきた。そしてドアの呼び鈴が鳴る。彼女はドアの前で異様な殺気を感じるが、その瞬間ドアが開き、大きな包丁が彼女に振り下ろされた。同時刻、アメリカ人ピアニストで作曲家のマークは友人のカルロと出会い雑談していたところ、彼女の悲鳴を聞く。カルロと別れアパートに戻ろうとしたその時、アパートの窓越しにヘルガが殺されるのを目撃してしまう。急いでマークは彼女の部屋へと向かう。部屋に入り、異様な絵が多く飾られた廊下を通った奥に、息絶えたヘルガが倒れていた。窓から外を見ると黒いコートを着た者が逃げていくのを見る。またそこには店から出たカルロの姿もあった。警察が部屋を調べている中、マークは廊下に並べられた絵が一つ無くなったことに気づく。そこに女性新聞記者ジャンナが現れ、警察との会話の中、マークの写真を撮り、翌日の新聞に掲載した。犯人に自分が姿を見たことを知られたと思ったマークは事件の真相を探り始める。

小学生の時の観た映画だ。

とにかく恐怖だった。

久しぶりに見た。

見覚えのあるシーンが多々あった。

当時は恐怖が先行してストーリーを理解していなかった。

今観ても恐怖。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です