『生き方』 僕らは心を高めることを日々、強く意識して生きていかなければならない。

この本は人としての単純な規範を守ること

つまり魂を磨き、人間としての正しさを伝えている。

とても心に響いた。

ネガティブな気持ちになる度に、この本を見返そう。

もっと以前からこの本に出会っていれば、

利己的になっていなかったかもしれない。

この本の要旨をまとめてみた。

1.思いを実現させる

多くの人は思うようにならない人生と考えがちだが、

そうではない。

「思わなければ叶わない人生」と考えるべき。

それは求めた人だけが手に入れるという人生の法則。

そのためには『狂』がつくほど強く思い、

前向きな努力が必要。

そして「毎日を創意工夫する心」だ。

同じことを繰り返すな。

日々、改良改善を繰り返すことが重要。

2.原理原則から考える

人は物事を複雑に考えてしまいがち。

大事なのは複雑なものをシンプルに考えること。

その判断基準は「人間として何が正しいのか」だ。

そして成功に導く人生の方程式がある。

人生・仕事の結果=考え方✖️熱意✖️能力

考え方は方向性を示す上で最も重要である。

能力があっても、考え方が歪んでいれば犯罪者にもなる。

そして熱意があれば人は大きな力と可能性を発揮する。

3.心を磨き、高める

根本は人のため、社会のために尽くす精神だ。

誰かのためにという謙虚さが必要。

それは家族や恋人のためでも良い。

心を磨くための6つの秘訣がある

①誰にも負けない努力をする

②謙虚にして奢らず

③反省ある日々を送る

④生きていることに感謝する

⑤善行、利他行を積む

⑥感性的な悩みはしない

6つの秘訣を日々、強く意識して生きるべし。

4.利他の心で生きる

世のため、人のために尽くすのが基本精神だ。

小さなことでも良い、

周囲を思いやる心がけが重要である。

人はもともと世のため、人のために尽くしたい気持ちが備わっている。

一方で利己と利他は相反する。

個人のためではなく、会社のために善行を行うことは利他だ。

しかし会社の利益ためだけにとなると利己になる。

客観的に自身が利他であるかを考え広い視野を養う。

5.宇宙の流れと調和する

結果に導くものは2つある。

「運命」と「因果応報の法則」である。

「運命」は遺伝、才能、先天的なもの

「因果応報の法則」は行動の善悪によって良い結果も悪い結果も巡ってくる

運命より因果応報の法則の方が強い力を持つ。

したがって人は行動次第で未来は変えられるのだ。

大事なのは人生に対して愚直に向き合うことだ。

それにより良い生き方を確立できる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です