『ジェネラル・ルージュの凱旋』

『東城大学付属病院の不定愁訴外来医師・田口は、「チーム・バチスタ事件」を解決した功績で院内の諸問題を扱う倫理委員会の委員長に任命されてしまう。そんな彼女の元に、ある日一通の告発文書が届いた。その内容は、“救命救急の速水晃一(堺雅人)センター長は医療メーカーと癒着しており、花房看護師長は共犯だ”という衝撃的なもの。速水は“ジェネラル・ルージュ”の異名を持ち、優秀だが冷徹で非情な性格から悪い噂が絶えない人物。すると間もなく、告発された医療メーカーの支店長が院内で自殺する事件が起こった。院長からまたしても院内を探る密命を受けてしまう田口。さらには骨折で運び込まれてきた厚生労働省のキレモノ役人・白鳥と再会し、彼にも同じ告発文書が届いていたことを知る。こうして2人は再びコンビを組み、この一件を独自に調査することとなるのだが・・・。徐々に明らかになる院内の複雑な人間関係。速水の秘めたる思い。そして”ジェネラル・ルージュ”の異名に隠された驚きの真実とは…!?現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女性医師・田口とキレモノ役人・白鳥の活躍を描いた本格医療ミステリー!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です