初サーフトリップ茨城・千葉編(8/9)〜半沢直樹の名言に泣く〜

終わりは決めていない。

帰りたくなったら終わりだ。

8/8(土)の夜に茨城県入り。

セブンイレブン鹿島和店で車中泊。

翌日、9日(日)午前中はとっぷさんて下。

GoProによる動画は撮影しなかった。

午後は平井海岸へ移動。

海水浴のお客さんでいっぱいだ。

波は小さい。うまく乗れるだろうか。

この動画が平井でのラインディングだ。

波待ちしている間、

珍しく雑念が頭をよぎる。

先週末の人事異動だ。

周りはどんどん出世していく。僕を置いて。

出世を支えに生きないと決めたはずなのに。

何故、こうも気になるのか。

サーフィンは心を無にしてくれるはずなのに。

雑念が集中力を遮る。

19時前に撤退。

再びとっぷさんて大洋に戻り、温泉に入る。

料金は750円だ。

湯上り、車の中で半沢直樹第4話を観る。

泣いた。

半沢が部下に対して送った言葉だ。

『どんな会社にいても、どんな仕事をしていても、自分の仕事にプライドを持って、日々奮闘し、達成感を得ている人のことを本当の勝ち組というんじゃないかと、俺は思う。』

勝ち組、負け組、現実世界でも自分を縛る言葉だ。

僕はずっと勝ち組にいた。

しかしいよいよ自分が負け組になりつつある今、

この言葉で今朝の雑念がアホらしく思えた。

何のために働くのか。達成感を得るためなのだろう。

それが働きがいなんだ。

この日もセブンイレブン鹿嶋和店で車中泊。

暑過ぎて眠れなかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です