『世界一やさしい「やりたいことの」の見つけ方』(8冊目):不動産経営や海外移住を通じて、充実したセカンドライフへの一歩の勇気を与え、前進を促し、支えること

おすすめ本の要約

もう迷いだらけの生活には戻らない!自分探しを終わらせる自己理解の教科書。「何かやりたいけれど、何をやればいいか分からない」そんなエネルギーを持て余してしまっているあなたの人生が変わります。「やりたいこと探し専門プログラム」を開発した著者が教える初めての本。やりたいことは運命的に出会うものではなく、体系立てて論理的に見つけるもの。やりたいことの見つけ方が3STEP(大事なこと、得意なこと、好きなこと)で体系立てて理解できる、自己理解の教科書です。

実際に本に沿って、論理立てて、自分の「やりたいこと」を導き出してみた。

我を振り返る上ではとても良い機会になった。

何度み見返しながら、次の日も次の日も考え直した。

ふと、「あっ、これかも」と思う時がある。

一日で結論は出ないと思う。

考え抜いた結果、今考え得るやりたいことはこれしかない。

『不動産経営や海外移住を通じて、充実したセカンドライフへの一歩の勇気を与え、前進を促し、支えること』

まず自らが国内外の不動産経営で安定基盤を作り、海外移住を成功させることで自身が充実したセカンドライフを体験しないと、それを生業にすることはできない。

そのためにやらなければいけないことも見えてきた。

何を大事に生きたいかは明確か?

■大事なこと(価値観)

  • Q1.尊敬する人、尊敬する友人、好きなキャラクターは誰ですか?その人のどんなところに尊敬していますか?
  • 武井壮:自分の哲学を持っている。空気のように努力できる人。信念を持ち、自ら人生を切り開いている人。人に笑われようと、とてもつもない高い目標を持つ破天荒なキャラクター。人への気遣いもあり謙虚である。そしてユーモアも兼ね備えている。自分に厳しい。
  • 孫正義:強い信念を持っており、人に笑われても、決して夢を諦めない。自分に厳しい。
  • イチロー:自分で目標を立て、その達成に向けて緻密な行動を続けることができる。何より自分に厳しい。人から笑われてもチャレンジする自分の世界観や価値観をしっかり持っている。ユーモアであり謙虚でもある。
  • 曹操:優れた人材登用術、大胆な行動力と諦めない信念。
  • 張遼:知性を備えた冷静沈着さと戦闘の際に見せる豪胆さとをあわせ持った文武両道の武将としての安定感。
  • 元上司:最後は責任をとる。人に笑われても信念を突き通し、目的を達成させる。謙虚であり、人への気配り、ユーモアがある。過去は破天荒。
  • →共通の価値観は「信念」・「諦めない」・「努力」・「人の目を気にしない」・「厳格」・「謙虚」・「魅力」
  • Q2.幼い頃や思春期にあった、今の自分に一番大きな影響を与えている出来事or経験は何ですか?それらが自分の価値観にどう影響を与えていますか?
  • ルーマニアで過ごした幼少期(小学4年〜6年)の体験である。社会主義国で生きていく中で、小さなコミュニティである日本人会の中で人との距離感が近く、個を大切にし、助け合いの大切さを学んだ。
  • ルーマニア駐在時代、中学校1年〜2年、高校生時代、グループ集団の中で常に周囲から目立つ存在として認められる。リーダーを支える2番手(右腕)の位置付けが多かった。その後、社会人になっても自然とその位置付けなることが多い。
  • 中学3年の時に存在否定をされるイジメにあった。友人に悩みを相談してもその悩みをバラされたりしたことで、人間不信となり、それ以来、人と一定の距離感で付き合うこととなる。
  • →共通の価値観は「世界」「チームワーク」「個の尊重」「2番手」「距離感」
  • Q3.今の社会には何が足りないと思いますか?
  • 自ら考えたことを、自ら行動に移せるようにサポートする環境と意識教育。やりたいことが見つけられないこと。夢中になれること。信念を持てる教育。人材を育成する仕組み。
  • 気軽にチャレンジができ、失敗しても、次のチャンスがある社会。
  • →共通の価値観は「自立」「夢中」「信念」「挑戦」
  • Q4.「自分って人生で何を大事にしてそうかな?」と周りの人に聞いてみてください。そう思った具体的なエピソードも聞けるといいです。
  • 目標に対するゴール達成にこだわること。目的が達成できれば、プロセスで妥協することは可能。
  • プライドが高い。周囲から認められこと。
  • Q5.自分の子供を育てたり、他人に助言するときに、一番伝えたいのはどんな行動で、一番伝えたくないのはどんな行動ですか?

<一番伝えたい行動>

  • 関心のあることはチャレンジすること
    • →共有の価値観は「挑戦」・「好奇心」・「夢中」
  • 自分の考えを持つこと
    • →共通の価値観は「自立」・「信念」・「自分らしさ」
  • 人に感謝される行動をすること
    • →共通の価値観は「感謝」・「尊敬」
  • 人に感動や影響を与える行動をすること
    • →共通の価値観は「魅力」・「学び」
  • 不要なものは断捨離する
    • →共通の価値観は「シンプル」・「すっきり」

<一番伝えたくない行動>

  • できないと思ったらすぐに諦める行動
    • →共通の価値観は「現状維持」(反対は「成長」「変化」)
  • 自分の身の丈にあった行動をすること
    • →共通の価値観は「安定」(反対は「挑戦」)
  • 人から言われた通りの行動をすること
    • →共通の価値観は「受け身」(反対は「自立」)

■価値観マインドマップを作って思考を整理

■価値観ランキングを作って優先順位を決める

  1. 美意識:人として美しい生き方をする→「人生の最終目的」
    • ⇧結果を出せた状態こそ充足感を得られ、人としてあるべき姿
  2. 結果:自らの結果と同時に他人にも結果をもたらす
    • ⇧変化をもたらすことで、結果を出す
  3. 前進:どんどん進むことで変化をもたらす
    • ⇧周囲を巻き込むことで事が進む。
  4. 協調:周囲を巻き込み、力を借りる。
    • ⇧世界に伝えるために周りに周囲を巻き込む
  5. 外向:夢中なことを世界の人々に伝える。
    • ⇧心理的安全性を確保することで世界の人々と対話をする
  6. 安心:人と一定の距離感を保ち、独りの時間を確保し、組織の中で2番手の存在であること
    • ⇧自分の中での心理的安全性を確保することで行動に移せる。
  7. 夢中:やりたいことに夢中になる
    • ⇧関心があることに対して夢中になれる
  8. 好奇心:興味に従って行動する

仕事の目的は明確か?

■価値を提供しようとした経験

  • ルーマニア駐在時代、運動会で応援団長をし、チームに元気を与えた。
    • →本気・熱中・外向
  • ルーマニア駐在時代、クラスが明るくなるようにリーダーを支え、中心的な存在(2番手)として笑わすことに努めた。
    • →安心・協調・外向
  • 中学校1年生の時、クラスや部活が明るくなるように中心的な存在(2番手)として笑わすことに努めた。
    • →安心・協調
  • 中学校2年生の時、バレー部でキャプテンを担い、チームを牽引した
    • →前進・協調
  • 高校時代、クラスが明るくなるように中心的な存在(2番手)として笑わすことに努めた。
    • →安心・協調
  • 好意のある女性の話をたくさん聞いてあげた。
    • →好奇心・夢中
  • 店長としてアルバイトの指導を通して、チームワークの大切さを教えた
    • →美意識・前進・協調
  • スキのあるキャラ(天然)により、本音を言いやすい環境を与えた。
    • →美意識・協調
  • プロジェクトで率先して課題解消に向き合い、メンバーに対して仕事がしやすい環境を作った。
    • →美意識・前進・協調
  • 経営戦略の立場で、困っている部署に入り込み、課題の解消をすることで事が進むようにした。
    • →美意識・前進・協調

「仕事の目的」は信念を持つ人を支え、勇気を与え、周りの力を借りながらも「前進」を促すこと

成果を出すための長所は明確か?

■得意なこと

  • Q1.これまでの人生で充実していた経験は?
  • 小学校時代、毎日、夜遅くまで算盤を継続していたこと
  • ルーマニア駐在時代に、必要な存在(2番手)として認められていたと認識できたこと
  • ルーマニア駐在時代に、毎日、継続して筋力トレーニングをしていたこと
  • 中学校1年の時は、必要な存在(2番手)として認められたと認識できたこと
  • 中学校2年の時は、中心的な存在(2番手)として認められたと認識できたこと
  • 図書館で集中して長時間勉強し、志望大学に合格したこと
  • 長時間労働で苦しかったが、全国で優秀な人材が揃っていると認められたこと。
  • ファミレスで集中して長時間勉強し、宅建、ビジネス実務法務2級、FP2級に合格したこと
  • M&Aの仕事で、目標達成によりチームとして会社に貢献し、認められ、脚光を浴びたこと
  • 経営戦略として、担当する部署に入り込み、感謝をされたこと
  • 週末にサーフィンを継続練習することで、上達してきたこと
  • Q2.最近イラッとした、もしくは心がざわざわしたのはいつ?
  • 現上司が責務を果たさないこと
  • 雑多な仕事は僕にやってもらおうという社内の甘えた姿勢
  • 評価の仕方に不公平感があること
  • ボールを拾ったものが損をする会社風土
  • やるべきと思ったことを行動に起こさないこと
  • 簡単な調整を行わないこと
  • Q3.「仲の良い人に「自分の長所って何だと思う?」と聞いてみてください。
  • 一生懸命なところ
  • 誠実なところ
  • 守ってくれるところ
  • 助けてくれるところ
  • キラキラした目
  • かわいい笑顔

(褒めすぎです)

  • Q4.明日仕事をやめてしまったとして、もっとやりたかったと感じるのはどの部分でしょうか?
  • 人の助けとなって、困りごとを解決させること
  • Q5.これまでの人生で成果が出たことは何ですか?どうやって成果を出しましたか?

<成功体験を深掘りする8つの視点>

  1. 充実した状態に入る前に何をした?
  2. その時の環境の特徴は?
  3. 具体的にどんな行動を取ってきた?
  4. 「3」の行動を取ったのはどんな思考から?
  5. 当時は何を意識していた?
  6. 何がモチベーションになっていた?
  7. いつその充実感は終わった?どうすれば継続できた?
  8. 当時、もっとこうすればよかったなと感じていることは?

(1)小学校時代、算盤で進級した

  1. 毎日、遅くまで練習をした。
  2. 親のサポートを受けた。
  3. 毎日、遅くまで反復練習をしていた。
  4. 「やり切る」ということに拘っていた。
  5. 進級したいことを強く意識していた。
  6. 進級することで親に褒められる。
  7. 転校をきっかけに算盤をやめた。ルーマニアに算盤の先生がいれば継続できた。
  8. ルーマニアでも自己学習をしておけばよかった。

(2)ルーマニア駐在時代にテニス大会で準優勝した

  1. 学校を終えたら、毎日、練習ができるようにしていた
  2. 親のサポートで練習ができる環境だった。担任の教師が直接教えてくれた。
  3. 教師を指導を忠実にり、毎日練習を行った。1番手の友人を目標に練習を行った。
  4. 日本人学校で一番上手くなりたいと思った。
  5. 周囲の友達を意識しながら練習した。
  6. 周囲より上達したという達成感。親など周囲から褒められる満足感。
  7. 日本帰国により終わる。テニス部に所属すれば継続できた。
  8. テニスをする機会を作っておけばよかった。

(3)中学校1年の時、バレー部でレギュラーになった

  1. 特に何もしていない。
  2. 目標を共有できる仲間と顧問がいた。
  3. 顧問の指導のもと毎日練習を行った。
  4. レギュラーになりたいという強い思い。
  5. 仲間との競争を意識した。
  6. 試合に出れること、スキルが上達すること。
  7. 転校により終わった。転校先に学校がバレーが盛んであれば継続できた。
  8. 転校先でバレーを続けていればよかった。

(4)希望大学に合格したこと

  1. 予備校の後、必ず図書館で勉強した。
  2. 図書館で一人で長時間勉強できる環境だった。
  3. 得意科目に絞り(英語、現代文、日本史)、徹底的に希望大学の過去問を解いた。
  4. ターゲットを絞り込み、効率的に学習をすることが重要だと思った。
  5. 周りに流されず、合格するための勉強をする環境を確保することを意識した。
  6. 希望大学に入ることをイメージしていた。
  7. 受験勉強が終わった同時に終わった。将来、何をしたいのかを設定していれば継続できた。
  8. 今思えば、希望大学より上のレベルの大学を目指しておけばよかった。

(5)直営の店長時代に格上の店舗に売上ランキングで勝ったこと

  1. アルバイトの指導に注力し、売る体制を構築した。
  2. 他の直営店長がいたため、切磋琢磨できる環境にあった。2番手の存在として上を見ていた。
  3. アルバイトと目標を共有し、売る理由を情熱を持ってきちんと説明した。
  4. チームワークを組成するには腹落ちが大事と思っていた。
  5. 格上の直営店舗に勝つことを意識していた。
  6. 格上の直営店舗に販売力を上回ること。
  7. SVに昇格することで終わった。
  8. 特にない。

(6)SV時代、2期連続Aを獲得し、希望部署に異動できたこと

  1. 担当店の信頼を得るために個店指導に注力。
  2. 同エリアに10年所属しており、中堅SVで組織内で発言力のある立ち位置にいた。
  3. 会社として優先順位の高い覆面調査チェックの改善点に注力して指導。
  4. 良い成績を取るためには覆面調査で良い結果を取ることが必要だから。
  5. 目標を設定し、情熱を持って担当店の覆面調査結果を全てトップレベルの評価にする。
  6. 良い評価を取り、担当店オーナーから感謝されること
  7. 本社の移動により、終わった。
  8. 特にない。

(7)宅建、ビジネス実務法務2級、FP2級に合格した。

  1. 会社割引を使用してTACの申し込みを行う。
  2. 土日を使って勉強する事ができた。
  3. TACで勉強しつつ、過去問を中心にファミレスで集中して勉強した。
  4. 集中して勉強するには他人がいる空間である事が重要であった。
  5. 一年間で資格を取得すること。
  6. 知識を取得した証として資格を取ること。
  7. 資格取得により終わった。
  8. 資格取得のための勉強ではなく、実務に役立つ勉強をすればよかった。

(8)M&Aを通じて社内調整や関連部署の巻き込みに長けるようになった

  1. 専門部署の言語を理解できるように法律・会計の勉強をした。
  2. 尊敬すべき上司のもと、プレッシャーのない環境で仕事ができ、その上司を支えた。
  3. タスク遂行する上で各関係部署が抱えるボトルネックの解消に努めた。
  4. 当事者意識を持って課題に入り込む姿勢が重要だと思っていた。
  5. ミッションを達成するために「進める」ことに拘り、意識していた。
  6. スケールの大きい仕事をしているという周囲に対しての優越感。
  7. M&Aの業務が終了とともに終わる。
  8. 業務の一つ一つをきちんと理解した上で調整を行なっていればよかった。

(9)働きがい改革を通して、信念とモチベーションの関連性を理解する事ができた。

  1. 関連書籍を読んだり、外部企業とのセッションを通じて世の中のトレンドを学んだ。
  2. 部下不在であり、計画的にタスクを遂行する環境になかった。
  3. 社内調整力を活かし、他者や他部署を巻き込みミッションを遂行した。
  4. リソース不足の中でミッション遂行するには、巻き込み力が重要だと思った。
  5. 自分の意思を主張することを意識した。
  6. 本来は称賛されたい思いはあったが、称賛されないため、責任感のみでモチベーションを維持した。
  7. 自己の人生に影響は与えたが、充実感は感じていない。
  8. 巻き込むためのアプローチ方法が強引だったため、相手の立場に立ったマネジメントをすべきだった。

(10)サーフィンが上達した

  • サーフ道具を揃えたり、スクールを探したりした。
  • 茨城県で格安マンツーマンで教わる事ができた。
  • オンシーズンは毎週末茨城に通っていた。
  • マンツーマンにより強制的にサーフィンをする環境にしたかった。
  • 趣味はサーフィンに絞ることを意識した。
  • 少しづつ乗れるようになり、先生から褒められること。
  • 現在も継続中。
  • 特にない。

得意なことの「長所使い」パターン:

  • ◎短期的(1年以内)な目標設定をすること
  • ◎やりたいことを一つに絞ること
  • ◯やると決めた場合には投資を厭わないこと
  • ◯教材や道具は絞り込むこと
  • ◎基本は個人で行うこと
  • △マンツーマンで行うこと
  • ◎2番手として組織を支えること
  • ◎チームで行う場合は他人を巻き込むこと
  • ◎他者間の調整をすること
  • ◯ボトルネックを解消すること
  • ◯他人を巻き込む場合は、情熱を持って説明すること
  • △自分の世界を作り上げること
  • ◎緊張感ある環境で行うこと
  • ◎集中できる環境で行うこと
  • ◎やる時は徹底して、長時間行うこと

興味や情熱を感じる分野はあるか?

■「好きなこと」を見つける

大事なのはその分野で、自分がどんなことをやっている時に楽しいのかという「得意なこと」もセットで考える。

  • Q1.今お金を払ってでも勉強したいことはありますか?
  • 信念について
  • 哲学、宗教、政治について
  • 英会話習得
  • 映画鑑賞
  • ドローン(映像)
  • サーフィン
  • 海外移住
  • 不動産投資
  • Q2.本棚にどんなジャンルの本が眠っていますか?
  • 歴史
  • 哲学
  • 英会話
  • 不動産投資
  • Q3.これに出会えて「よかった!」「救われた!」と思える分野・ジャンル・ものはありますか?
  • 武井壮の名言
  • イチローの名言
  • 孫正義の名言
  • Q4.これまで生きてきた中で「お礼を言いたい仕事」は何ですか?(お礼を言いたい人でもよし)
  • 働きがい改革の仕事:モチベーションの源泉となるメカニズムを教えてくれた。
  • 元上司:絶対に外してならない時の集中力・突破力、周囲に対して気遣いの大切さを背中で教えてくれた。
  • Q5.これまでの人生で世の中に対する怒りを感じたことは何ですか?
  • 責任を全うしないこと
  • 便利屋のように扱うこと
  • 認められないこと
  • 感謝されないこと

■好きなこと(仮)

  • 歴史
  • 哲学
  • 海外移住
  • 不動産投資

好きと長所を掛け合わせてやりたいことを仮で考えましょう

■好き✖️得意で「やりたいこと」の仮説を立てる

  • <好き>歴史や哲学を<得意>1年以内で習熟する人
  • <好き>歴史や哲学の学習の<得意>テーマを一つに絞る人
  • <好き>歴史や哲学に対する<得意>投資を厭わない人
  • <好き>歴史や哲学の<得意>教材や道具は絞り込む人
  • <好き>歴史や哲学の学習は<得意>基本は個人で行う人
  • <好き>歴史や哲学の学習は<得意>マンツーマンで行う人
  • <好き>歴史や哲学の普及について<得意>2番手として組織を支えること
  • <好き>歴史や哲学の普及を<得意>チームで行う場合は他人を巻き込む人
  • <好き>歴史や哲学の普及で<得意>理解を得るために他者間のマネジメントを行う人
  • <好き>歴史や哲学の普及で<得意>課題が生じた場合、そのボトルネックを解消する人
  • <好き>歴史や哲学の普及で<得意>他人を巻き込む場合は、情熱を持って説明する人
  • <好き>歴史や哲学の学習は<得意>緊張感ある環境で行う人
  • <好き>歴史や哲学の学習は<得意>集中できる環境で行う人
  • <好き>歴史や哲学の学習は<得意>徹底して、長時間行う人
  • <好き>不動産投資を<得意>1年以内で習熟する人
  • <好き>不動産投資の対象<得意>テーマを一つに絞る人
  • <好き>不動産に関する<得意>投資を厭わない人
  • <好き>不動産投資に関する<得意>教材や道具は絞り込む人
  • <好き>不動産投資は<得意>基本は個人で行う人
  • <好き>不動産投資の勉強は<得意>マンツーマンで行う人
  • <好き>不動産投資の経営に関して<得意>2番手として組織を支えること
  • <好き>不動産投資の経営に関して<得意>チームで行う場合は他人を巻き込む人
  • <好き>不動産投資の拡大の<得意>理解を得るために他者間のマネジメントを行う人
  • <好き>不動産投資の拡大で<得意>課題が生じた場合、そのボトルネックを解消する人
  • <好き>不動産投資に関して<得意>他人を巻き込む場合は、情熱を持って説明する人
  • <好き>不動産投資の学習は<得意>緊張感ある環境で行う人
  • <好き>不動産投資の学習は<得意>集中できる環境で行う人
  • <好き>不動産投資の学習は<得意>徹底して、長時間行う人
  • <好き>海外移住のための英会話を<得意>1年以内で習熟する人
  • <好き>海外移住のの対象<得意>テーマを一つに絞る人
  • <好き>海外移住に関する<得意>投資を厭わない人
  • <好き>海外移住のための英会話<得意>教材や道具は絞り込む人
  • <好き>海外移住に関して<得意>基本は個人で行う人
  • <好き>海外移住のための英会話勉強は<得意>マンツーマンで行う人
  • <好き>海外移住に関するプロジェクトは<得意>2番手として組織を支えること
  • <好き>海外移住に関するプロジェクトを<得意>チームで行う場合は他人を巻き込む人
  • <好き>海外移住に<得意>理解を得るために他者間のマネジメントを行う人
  • <好き>海外移住に<得意>課題が生じた場合、そのボトルネックを解消する人
  • <好き>海外移住で<得意>他人を巻き込む場合は、情熱を持って説明する人
  • <好き>海外移住の学習は<得意>緊張感ある環境で行う人
  • <好き>海外移住の学習は<得意>集中できる環境で行う人
  • <好き>海外移住の学習は<得意>徹底して、長時間行う人

「仕事の目的」でやりたいことを絞りましょう

「仕事の目的」は信念を持つ人を支え、勇気を与え、周りの力を借りながらも「前進」を促すこと

やりたいことは『不動産経営や海外移住を通じて、充実したセカンドライフへの一歩の勇気を与え、前進を促し、支えること』

本当にやりたいことの実現手段は見つかっているか?

  • 不動産投資を勉強する
  • 貯蓄及び資産運用する
  • 自らが海外移住を経験し、海外移住の研究をする
  • 英会話を勉強する
  • 起業する
  • 日本や世界の歴史・文化を勉強する

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました