ジョーカー鑑賞(11/16)

考えさせられる映画だ。

15回観る強者がいるほど濃い映画だ。

大道芸人として働く孤独な主人公アーサーが

シビアな現実に苦しみながら、

やがて悪のカリスマとなっていく。

社会から不要な扱いを受けるアーサー。

今の自分の境遇にも重なる。

人は周囲から認められることで

自分の存在意義を認識できる。

認められるべき事実とはなんだろう。

人の価値観はそれぞれ。

ここの世界では良しとされることでも

あちらの世界では良しとされないこともある。

何が正しいことかわからなくなる時がある。

その時の雰囲気に流されたり

影響力のある人に引きづられることは

この世に生きていると、よくある風景だ。

人から認めらなかったとしても、

自分の意思を持つことが大事なんだと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です