仁義なき戦い〜広島死闘編〜

1作目が面白かったので、2作目を続けて観た。

戦後のどさくさも収まりかけた昭和20年代後半。

村岡組と大友連合会(大友組)の縄張り争いが勃発。

そこに元復員兵の山中正治が刑務所から出所。

村岡組として両者の壮絶な闘争に身を投じる。

第2作目はスピンオフ的な位置づけのようだ。

北大路欣也演じる不器用な山中正治が主人公だ。

敵対する大友組組長の大友勝利には千葉真一が扮し、

若き二人の対立が本作の最大の見せ場だ。

菅原文太が事実上の脇の存在だった。

それにしてもキャストが豪華だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

仁義なき戦い

次の記事

冷たい熱帯魚