『海街diary』じわりと心が優しくなれる。

吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。

主人公の姉妹を演じるのは、

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。

是枝監督が最も表現しようとするテーマが、

「家族の絆」

腹違いの姉妹を受け入れようとする三姉妹と、

四女との間でそれぞれの悩みや喜びを分かち合い

徐々に家族の絆が深まっていく様子が描かれる。

観ていて飽きなかった。

心落ち着く気持ちと柔らかな感覚がある映画だ。

爽やかに「家族の絆の大切さ」が心に染み入る。

「海街」である鎌倉を舞台に描かれるこの作品、

「家族の絆」について大いに考えさせてくれる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です