『三度目の殺人』“真実”に向き合わず、見て見ぬ振りが多い世の中。。。人はどう生きていくべきか。

福山雅治と是枝裕和監督が組んだ法廷サスペンス。

勝ちを第一に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、

殺人前科がある三隅(役所広司)の弁護を引受ける。

クビになった工場の社長を手にかけ、

さらに死体に火を付けた容疑で起訴され

犯行も自供しており、

ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。

しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、

重盛は面会を重ねるたびに、

本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。

この映画の見所は、誰が真犯人かわからないところ。

そして様々な伏線が散りばめられているところ。

観る側の解釈に委ねているところだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です