鉄道員(ぽっぽや)

廃線を間近にした、

北海道のローカル線の駅長を描いた作品。

浅田次郎が原作だ。

ずっと気になっていた作品だ。

20年以上も経っている作品なんだな。。。

鉄道員(ぽっぽや)として

気概と誇りを胸に生きてきた乙松が、

定年目前になり自らの人生を振り返る。

幼い一人娘を亡くし、

妻に先立たれ独り身の乙松。

17年前に死んだ乙松の子供・雪子の霊と会う。

娘の死に目に立ち会えず、後悔の念が消え、

翌朝、乙松は駅のホームで倒れ、亡くなっていた。

乙松を亡くすことはないかなぁと思いながら、

境遇は異なれど、独り身の共通点から

自分自身の心境に重なるものがあった。

感動した作品だ。

志村けんは50歳。

僕はあと5年で50歳。

不思議だな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です