大洗No.7(6/28)不安定な波の面

すっかり梅雨シーズンに。

台風は関東に上陸せず、東に去って行った。

有給取得し、大洗で特訓を計画していたので

台風直撃で休暇が台無しになるところだった。

とはいえ、台風一過というわけでもなく

14時に到着したが、大洗の天候はどんより。

風や雨もあり、コンディションは良くない。

人はほとんどおらず、自由にできそうだ。

しかし面が不安定でなかなか乗れない。

膝でテールを固定するがボードは安定しない。

波に刺さり、テイクオフがうまくできない。

面が不安定だと自分の下手さが露呈する。

ボードが安定せず、テイクオフが難しいこと

パドルが遅く、すぐ疲れること

波のコンディションに左右され悔しい。

何本か乗れたが、パド筋はバキバキになり、

今日は2時間程度で早めに撤退。

夜は吾妻鮨に行った。(写真撮影は忘れた)

Rさんの彼女の実家で営んでいる店だ。

マグロ(中トロ)が極上で美味しい!

そして茨城の日本酒「一品」を堪能。

「一品とは 日本酒」の画像検索結果

茨城の日本酒。「天下一品」にちなみ銘柄を統一。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒、普通酒をそろえる。原料米は山田錦玉栄など。仕込み水は那珂川水系の伏流水蔵元の「吉久保酒造」は寛政2年(1790)創業。平成13~15、17~19、21、25、26年度全国新酒鑑評会金賞、2010年IWC世界ワインチャレンジ入賞、燗酒コンテスト2012金賞など受賞歴多数

Rさんも僕もベロベロになり、

何を語ったか覚えていない。

サーフィンの技術的な話

人生や仕事の話

そんな話をしたんだと思う。

Rさんは僕と気が合うようだ。

Rさんは更に僕と距離を縮めたがっている。

僕は今くらいがちょうど良い。

距離が縮まると、疲れるからだ。

昔からそうだ。

自己主張や自分らしさを抑えると人が集まる。

逆に自己主張や自分を出すと人は避ける。

前者の場合、僕はほぼ笑って受け身の姿勢。

相手の意見に対して否定もせず、相槌をする。

だから相手に取って居心地がよいのだろう。

その方が良い人間関係になるのは知っている。

ただ一定程度は大丈夫だが、長時間は辛い。

幼少から僕と遊びたがる人を避ける傾向がある。

一方、後者は僕は楽だし、ストレスもない。

だけど相手はきっと辛いのだろう。

Rさんと僕の関係は前者だ。

バランスが大事であること理解している。

今日の飲みは楽しかったが、

今後、不安が横切る。

Rさんが嫌という意味ではなく、

むしろ感謝している。

距離が縮み、お互い本音を話すようになると

今の良い関係が崩れることを恐れているのだ。

本音を話すということは、

はっきりと僕の心境を話すということだ。

40歳になると自分の価値観も確立している。

そして僕は気ままで気分屋なのだ。

更に僕はそんなに良い人間ではない。

複雑な気分も交わりながら

民宿さわやで爆睡。明日の備える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です